応用地形判読士
〜応用地形判読士資格検定試験〜

制度概要

応用地形判読士資格検定試験制度の概要

応用地形判読士 とは

〔創設の主旨〕

地形は、誰でも見ることができます。地形を見る眼を養うことで、あらかじめ安全性の高い場所を選択することや、災害時に身を守ることができるようになります。また、地形図を読み慣れた山の愛好家は、登山中の自分の位置を特定することや、地形図を眺めながら山容をイメージして登山している気分を楽しむことができます。

一方、地形図や空中写真を用いる地形判読技術では、特定の成因によって形成された地形の種類を認定する正確さと精度が必要となります。社会資本を整備する上からは、地形の構成素材である地質を想定し、地形の種類と周辺地形との相対位置とを勘案して、地形リスクを適切に判断できることが重要です。つまり、地形判読に携わる技術者に求められる能力は、判読技術に留まらず、地質を含む広範な知識と経験、並びに洞察力が不可欠です。

“地形と地質の判る技術者”により判読された地形情報の活用は、脆弱な地質状況という特殊事情を抱える日本の建設事業の安全・安心に繋がるものであります。

こうした観点から、本資格制度を創設いたしました。

〈創設目的〉

  • ★地形と地形判読に関する知識を身につけ、“防災・減災”に役立てる人材を広く育成する。
  • ★優れた地形判読技術を有し、地形リスクを判断できる応用能力を修得した技術者を認定する。
  • ★応用地形判読士を利活用することの有用性を広め、当該技術の普及と関連技術者の育成を図る
資格取得フロー

※画像クリックでPDF表示

実施時期の概要

※画像クリックでPDF表示

*日程の詳細は、今年度の『受験から登録までの手引き』の表紙を参照してください。

受験資格

〔一次試験〕

受験資格の制限はありません。どなたでも受験していただけます。

〔二次試験〕

応用地形判読士補に登録されている方に限ります。

試験の構成

〔一次試験:学科試験〕

試験日 7月の第二土曜日
時間構成 9時30分~12時30分/13時30分~15時30分
試験内容 科目1-1:地形,地質,地形判読などに関する基礎知識
〔50問 50点満点〕
科目1-2:地形,地質,地形判読などに関する専門知識
〔20問 20点満点〕
科目1-3:地形判読に関連する地形・地質等に関する専門知識
(例えば平地)〔1問 50点満点〕
科目1-4:地形判読に関連する地形・地質等に関する専門知識
(例えば山地)〔1問 50点満点〕
※ 科目1-1と科目1-2は多肢択一(マークシート).
科目1-3と科目1-4は それぞれ複数の問題から1問を選択して論述.
試験地 札幌/仙台/新潟/東京/名古屋/大阪/広島/高松/福岡/沖縄

〔二次試験:実技試験〕

試験日 11月の最終土曜日(原則)
時間構成 10時0分~12時0分/13時0分~15時0分
試験内容 科目2-1:地形図と空中写真を判読して地形分類図などを作成
(例えば平地)〔1問〕
科目2-2:得られる地形情報に基づき応用地形学的所見等を論述〔1問〕
科目2-3:地形図と空中写真を判読して地形分類図などを作成
(例えば山地)〔1問〕
科目2-4:得られる地形情報に基づき応用地形学的所見等を論述〔1問〕
※科目2-1と科目2-2の計が100点
 科目2-3と科目2-4の計が100点
 合計200点満点
試験地 東京都小平市
その他 空中写真判読には、実体鏡が使用できます。

◎試験問題は、“過去の情報”に掲載しています。

受験料と登録料

〔一次試験〕

受験料 12,960円(ただし消費税率が8%のとき)

〔応用地形判読士補〕

登録料  8,640円(ただし消費税率が8%のとき)
(応用地形マスターⅠ級認定者が応用地形判読士補に登録する場合)

〔二次試験〕

受験料 21,600円(ただし消費税率が8%のとき)

〔応用地形判読士への登録〕

登録料  8,640円(ただし消費税率が8%のとき)
※二次試験合格者が応用地形判読士に登録する場合.

◇消費税率が変更されたときは、上記の受験料,登録料も変更いたします。

資格の登録更新制度について【概要】

応用地形判読士

応用地形判読士の資格を継続するためには、有効期間の5年ごとに登録更新を申請して、登録更新を受ける必要があります。

登録更新には継続教育制度を活用するものとして、5年間に継続教育125単位(CPDH単位)の取得が要件です。125単位のうち、50単位以上は地形判読に関係する内容に限ります。登録更新の受付け期間や方法の詳細は、最新の「受験から登録までの手引き」でご確認ください。

応用地形判読士補

応用地形判読士補の資格に、登録更新制度はありません。

一次試験に合格した年度から4年経過した年度の末日をもって、応用地形判読士補の資格は消滅します。応用地形判読士補の有効期限は、最新の「受験から登録までの手引き」でご確認ください。

応用地形マスター

応用地形マスターには、有効期限や登録更新制度はありません。終身です。

今年度の資格検定試験実施概要

※画像クリックでPDF表示

検定試験

応用地形判読士資格検定試験

検定試験のご案内

(2016年度)第5回 応用地形判読士資格検定試験

〔一次試験〕

試験日:2016年7月9日(土)
試験地:全国10会場(札幌,仙台,新潟,東京,名古屋,大阪,広島,高松,福岡,沖縄)
願書受付け:2016年4月8日~5月10日

〔二次試験〕

試験日:2016年11月26日(土)
試験地:全国建設研修センター(東京都小平市)
願書受付け:2016年9月9日~10月15日

※詳しくは、「受験から登録までの手引き」をご覧ください。

過去の情報

資格の登録更新制度について(応用地形判読士)

登録更新制度の概要

応用地形判読士の資格を継続するためには、有効期間の5年ごとに登録更新を申請して、登録更新を受ける必要があります。

登録更新には継続教育制度を活用するものとして、5年間に継続教育125単位(CPDH単位)の取得が要件です。125単位のうち、50単位以上は地形判読に関係する内容に限ります。

有効期限など

応用地形判読士
登録証の発行年月日
応用地形判読士
登録証の有効期限
登録更新の受付け期間(予定)
2013年4月1日 2018年3月31日 2017年12月1日~2018年1月15日
2014年4月1日 2019年3月31日 2018年12月1日~2019年1月15日
2015年4月1日 2020年3月31日 2019年12月1日~2020年1月15日
2016年4月1日 2021年3月31日 2020年12月1日~2021年1月15日

注)登録更新の受付け期間や方法の詳細は、該当する年度の11月頃、全地連ホームページでご確認ください。

資格の登録更新制度について(応用地形判読士補)

登録更新制度について

応用地形判読士補の資格に、登録更新制度はありません。

下記の有効期限に達した時点、またはそれ以前の二次試験に合格して応用地形判読士として登録した時点で、応用地形判読士補の資格は消滅します。

有効期限など

一次試験に
合格した年度
応用地形判読士補への登録申請
および/または
二次試験受験申請書の提出期限
応用地形判読士補の
有効期限
2012年度 2016年10月中旬* 2017年3月31日
2013年度 2017年10月中旬* 2018年3月31日
2014年度 2018年10月中旬* 2019年3月31日
2015年度 2019年10月中旬* 2020年3月31日
2016年度 2020年10月中旬* 2021年3月31日

注)10月中旬*は、当該年度二次試験の受験申請書の受付け期限を意味します。

資格の登録更新制度について(応用地形判マスター)

登録更新制度について

応用地形マスターには、有効期限や登録更新制度はありません。終身です。

ただし、応用地形マスターの記録は、全地連事務局が管理しています。受験願書に記載した現住所、氏名、所属機関などを変更された場合は、事務局までご連絡ください。無料で登録簿を更新します。

地形判読記号

提出書類の様式

提出書類の様式

資格登録者名簿

応用地形判読士資格登録者名簿